忍者ブログ

ST250「西京日譜」

山口県からお送りします。カスタムなどはせず、少ない給料の中で実用と趣味を両立した乗り方を求める日々をつらつらと書いていきます(*^^*)

ST250 目次

このページはインデックスです。STのブログ「西京日譜」へはこちらからどうぞ。

オイル関連
オイル交換

チェーン関連
ノンシールチェーン
チェーンの脱脂
ノンシールチェーンへ交換
交換用チェーンを購入
チェーンの給油

吸気関連
エアクリーナーの交換

電装関連
アーシングケーブル
アーシングケーブルの設置



第37回東京モーターショー(2003)
参考出品モデル情報

今や絶版となったノーマルモデル】 特有のフィンが美しい空冷エンジン、スポーク式のホイール、大型のヘッドライト、さりげないこだわりを感じさせるいくつもの装備が、ストリートでも映える独特のスタイルを演出するST250――。SUZUKI独自の高速メッキ技術(SAP)※1を駆使した新開発のメッキシリンダー(SCEM)※2採用のエンジンは、街中でも扱いやすいエンジン特性と、シングルの醍醐味ともいえる鼓動感のある走りを実現しています。ベーシックなのに新しい、スタイリングもライディングも楽しめるモーターサイクルです。
※1.SUZUKI Advanced Plating
※2.SUZUKI Composite Electrochemical Material


■メッキシリンダー(SCEM )を採用した、空冷4サイクル単気筒・SOHC2バルブエンジンを搭載。強いパルス感とパワフルな中低速を実現。


■特の取り回しが美しいエキゾーストパイプ。高い排気効率と、鼓動感のあるシングルサウンドを両立している。


■シートは、タンデムも快適に楽しめるセパレートタイプ。また、ウィンカーにはメッキ仕上げの砲弾型を採用。


【豪華版だった、現行モデル】 グラデーションの美しいタンク、マフラーやメーターカバーのメッキ加工など、随所に細やかな仕上げを施した特別仕様車「Etype」。キックペダルも特別装備しており、独特のスタイリングと始動時のフィーリングを楽しむことがでます。モーターサイクルの美しさを追求したその高い質感は、ライダーとして走る楽しみと同時に、オーナーとして所有するよろこびも与えてくれる一台です。


■滑らかで、美しいグラフィックのEtypeのタンク。鮮やかなグラデーションのカラーリングは高級感のある仕上がりを見せる。


■メッキ処理が施されたEtypeのエキゾーストパイプとサイレンサー。流れるような曲線とあいまって高い質感を演出している。


【デザインスタディモデルA】 (後に「Cカスタマイズ」として100台の限定台販売 )

セパレートハンドとバックステップ、そしてシングルシート。レーサーをイメージしたモデル。メガホンマフラーを装着したエキゾーストは、バンク角をかせぐため大きく跳ね上がる取り回し。


【デザインスタディモデルB】 (後に「Sカスタマイズ」として200台の限定販売)
レッグシールドと前後の大型フェンダーが、ノスタルジックな雰囲気を醸しだすモデル。リヤフェンダーに装備されたキャリアは、スタイリングだけでなく実用性も向上している。

           
PR